営業時間を考えて手続きを始めましょう

「24時間いつでも申し込みができます!」と、宣伝しているCMなどを見ると、いつでも借り入れができるのかという印象を持ってしまいますが、そうではありません。銀行振り込みでの即日融資であれば、当然銀行の営業時間までしか対応することができません。それに、店舗や自動契約機の営業時間は24時間営業ではありません。

 

何時まで営業しているの?

キャッシング会社側としても、深夜に申し込む人がそんなにいないのに、人を雇っていては人件費がかかってしまうので、24時間営業は無駄だと考えているのでしょう。ネットでは24時間申し込みをすることができますが、審査は営業時間内となります。

 

ですから、何時に申し込むかによって対応が変わってくるのです。早い時間に申し込みをしていれば、銀行の振り込みに間に合うでしょうが、振り込み時間が過ぎてしまったら、別の方法を考えなければいけません。キャッシング会社では、自動契約や店頭でキャッシングカードを発行しています。キャッシングカードが郵送されてくる日数を短縮することができます。直接キャッシングカードを受け取りに行けば、専用ATMからキャッシングをすることができます。

 

銀行振り込みが間に合わなかったら?

銀行振り込みは、14時50分までとなっています。審査などに時間がかかって、間に合わなければ、せっかく申し込み手続きをしても時間を無駄にしてしまうだけでなく、当日までに入金しなければいけない振り込みなどが遅れてしまいます。

 

キャッシング会社の営業開始時刻はどこも9時からとなっています。申し込むときは、ネットで営業時間前から申し込みをしておくことをお勧めします。自動契約機で申し込みをする場合は、時間ぎりぎりに手続きを開始すると、時間が足りなくなってしまう場合がありますので、気を付けましょう。

 

とにかく、早い時間に申し込むこと、本人確認書類などの提出書類は予め用意しておくことなどの工夫が必要です。審査時間は、早くて30分となっています。落ち度がないように準備万端の状態にしておきましょう。提出書類の画像が不鮮明だったり、途中で画像が切れて氏名などが読めなかったりすると、再提出を依頼されてしまうことがありますので、気を付けましょう。

 

銀行振り込みを諦める場合でも、最寄りの店舗や自動契約機のある場所を事前にスマホやネットで確認しておくと、場所が分からなくて時間をロスするということを防げます。また、自動契約機を利用する場合は、事前にネットで申し込みをしておくと時短となります。

 

  • 人がいる営業時間内に手続きを済ませる!

  • 銀行振り込みを希望する場合は、ネットで早めに申し込む!

  • 担当者に急いでいる旨を伝えてみよう!

 

結論

営業時間は、各キャッシング会社によって少しづつ異なります。即日融資を希望している場合は、早めに申し込むことと、営業時間のチェックをしておく必要があります。キャッシング会社によっては、ネットで申し込んだ後に電話連絡をすると手続きを優先的に早くしてくれるところもあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日