督促に慌てずきちんと対処し、返済に向けて努力する

キャッシングを利用後、順調に返済できればいいのですが、中には事情が変わってしまい返済ができなくてやむなく延滞が続いてしまうという事も実際はあります。

 

返済が滞れば当然督促の連絡が来る事になります。電話や郵送による督促が幾度となく繰り返されているのに、それでも返済をする事なくその連絡を無視していると、取り引きをしている金融機関は債権回収のため、次のステップへと進まざるを得なくなります。

 

支払督促申立書

債権者と直接連絡も取れず返済の兆しもないのであれば、やむなく法的措置を取る事になります。そうなると届くのが支払督促申立書です。この書類は、借り入れ先の金融会社側の申し立てによって、裁判所から送られてくる書類です。支払督促申立書は、自宅に送られるよう決まっていますので、勤務先などに郵送される事はありません。

 

支払督促申立書にも、当然借金返済を督促する内容の記述がありますが、これまでと違うのは全額を一括で返済するよう求めていて、もし返済ができないのであれば強制執行、つまり差し押さえを行いますよという内容となっているのです。書類を受け取った債権者にしてみれば、そうは言われても月々の返済すらできなかったのに一括返済などできないし、どうしようと慌ててしまうかもしれません。

 

異議申立書

実はこの支払督促申立書に対しては、異議申し立てを行う事ができます。これは、借金を支払わないという意思を表明するようなものではなくて、一括での返済ができないという事をまずは伝えるための手段だと考えましょう。支払督促申立書が届くまでには、かなりの回数や期間にわたり督促が行われたのにもかかわらず、返済が一切なかったという状況のはずですので、一括で返済できる人はまずいないでしょう。ですから、支払督促申立書が届いたらまずはこの異議申し立て書を提出しましょう。

 

異議申し立て後

異議申し立て後は、裁判所へ行って相手の金融会社側との間で話し合う事になります。もちろんそれは、返済に向けての話し合いになりますが、支払督促申立書にあるような全額一括返済についての話ではありません。むしろ返済期限の延長や、返済額を減らしてもらうなど、条件を返済しやすい条件に変更してもらえるよう話し合う事ができますので、債務者にとって助かる話になる事でしょう。

 

そこでお互いに納得の上で話がまとまれば、和解という事になりますので、強制執行を免れる事ができます。借金を延滞し続けた後に裁判所で相手方と会うのは気が重いかもしれませんが、自分を助けるための措置になりますので、支払督促申立書が届いても、無視をせずに必ず対応するようにしましょう。異議申し立ての期限は14日以内という規定があります。14日を過ぎても異議申し立てがないと、さらに次のステップになります。

 

仮執行宣言付き支払督促申立書

支払督促申立書に異議申し立てをせず14日経過すると、仮執行宣言付き支払督促申立書が届いてしまいます。異議申し立てがないので、返済を要求されている借金全てを認めたという事で、強制執行に移りますという内容の書類です。この書類にもやはり異議申立書が同封されていますので、14日以内に異議を申し立てれば裁判所での話し合いを行う事ができます。ここできちんと対応しなかった場合には、その後に裁判所で強制執行の判断が下っても、もうどうすることもできません。

 

返済するお金も、差し押さえられる財産もない場合

どんなに話し合いをしても、返済に見合うだけの先立つものがなければいくら約束をしてもまた返済が滞ってしまう恐れもあります。その場合には、債務整理をする事をおすすめします。債務整理には3つの方法があり、個人再生、任意整理、自己破産と、状況に応じて選択すべき債務整理の方法が違います。債務整理にはメリットもデメリットもありますが、返済が全くできないような状況に陥っているのであれば、借金から逃げ回るのではなくて、一度きちんとまとめて生活を立て直しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日