借り入れ額によっては違う書類も必要になります

皆さんは、キャッシングを利用したことはありますか。キャッシングなんて自分には関係ないとないと思っていらっしゃる方も、たくさんおられることでしょう。でもいざという時、どうしても今日お金が必要だという時などそんな日は来るかもしれません。そんな即日にお金が必要な時はどうすれば良いのか、覚えておいて損なことはありません。それは本人確認書類さえあれば、即日キャッシングは可能なんです。

 

基本的には即日キャッシングと通常のキャッシングは変わりません。申込書の他に必要な書類は本人確認書類です。本人確認書類とは公的な機関で発行されている書類です。それらには氏名や生年月日が記されています。さて、本人確認書類にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

車の運転をする方なら、だれもが持っている、運転免許証がその書類のひとつです。これはかばんや財布の中にいつも携帯されていることと思います。車の運転はしないという方なら健康保険証が本人確認書類になります。パスポートもその書類のひとつです。また住民票も本人確認書類です。しかし住民票は役所に行かないと発行してもらえませんので、本人確認書類にするには手間がかかってしまいます。というわけでこれらの書類さえあれば、即日キャッシングを申し込むことが可能です。

 

最速で借入れできるキャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

金額が50万円を超えると確認の書類が必要になる

しかし借り入れ金額が50万円を超えると本人確認書類だけでは借りれません。本人確認書類に収入証明書も必要になります。これらの手続きは貸金業法というものに記載されているので、貸金業者なら誰もがこのルールを守らなければいけないことになっています。

 

さて次に先ほどの収入証明書について見ていきたと思います。収入証明書とはひとつではなく、皆様のお仕事よって変わってきます。もし、サラリーマンや公務員なら、給与明細や、源泉徴収票がこれにあたります。給与明細の場合は直近のものを用意しましょう。しかしキャッシング会社によっては直近から数ヶ月分の給与明細が必要な会社もあります。源泉徴収票なら前回の分で大丈夫です。

 

お仕事が個人事業主や、フリーランスの方ならば、確定申告書や課税証明書が収入証明書となります。これらの証明書は最新の物が必要になります。先ほど、貸金業法で50万円をこえて借りる場合は収入証明書が必要とお知らせしましたが、貸金業者ではない銀行カードローンはちょっと違います。銀行カードローンの場合は銀行によっても違いますが収入証明書が必要ないということが多いのです。金融機関が違うと内容も変わりますが、100万円ぐらいの借り入れ、また銀行カードローンの多くは300万円までは収入証明書が必要ないそうです。100万円以上の借り入れがある場合はキャッシングだけではなく、銀行カードローンを利用するのも良い方法です。

 

自営業者の場合は収入証明書が必要になる場合がある

しかし個人事業主や、フリーランス、また自営業者の場合は、収入証明書が必要ない50万円までの借り入れの時も、収入証明書を用意しておいた方が良い場合もあるそうです。なぜならキャッシングの審査というものは収入が安定しているということのほうが通りやすいものだからです。どうしても個人事業主やフリーランス、自営業者はサラリーマンと比べて収入が安定していないとみなされがちです。ですから直近数年間の収入を証明してくれる収入証明書があれば、サラリーマンのように安定した収入があるとみなされます。この収入証明書があれば、審査を通過して即日に借り入れをすることができるはずです。もしものためにも、個人事業主、フリーランス、自営業者のかたは安定のためにも収入証明書を用意しておくと良いかもしれません。

 

近頃はWEBで即日のキャッシングをされる方も増えてきました。WEBのの場合はこれらの必要な書類を写メで撮影し、その画像をメールに添付して送信します。またはスマートフォンの場合は専用のアプリをダウンロードして送信する場合もあります。これらのWEBを使うと郵送する手間がなくすぐに申し込みが出来ます。より早く申し込みをするならばパソコンやスマートフォンを使うと便利です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日