ブラックリストとは何か

金融機関やキャッシングなどを使ってお金を借りた場合、返済の義務が生じますが、これを怠った場合、キャッシング会社にはその事実は「事故情報」として記録されてしまいます。返済に関してのトラブルにおいて、各社がリストを作って管理しているということはなく、日本国内にある「個人信用情報機関」というところに記録されることになります。これは、新たに融資を受けるときや住宅ローン、カーローンなどの審査時にも用いられる大切な情報なのです。

 

この信用情報機関に事故情報や延滞情報などが記録されることを一般に「ブラックリストに載る」と表現します。

 

事故情報が記録されるのは以下のような例

通常、事故情報は以下の3つの機関が国からの委託を受けて記録しています。

  • 「日本信用情報機構」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」
  • 「CIC」

 

これらの3機関は信用情報を共有しており、審査時の信用情報の照会などに利用されます。事故記録は以下になりますが、こういった事故記録がここに登録されてしまうと、後々、面倒なことになってしまいます。

 

  • クレジットカード利用後の返済遅れや不払い
  • 携帯電話料金の不払いなど
  • 奨学金の返済に関しての遅れ
  • キャッシングの返済時の延滞

 

これらの情報が信用情報機関に記録されてしまうと、新たな融資はまず受けられなくなります。携帯電話料金や奨学金まで入っているのは驚いた方もいらっしゃるでしょうが、信用情報は何もキャッシングだけではないのです。共通するのは「返済が遅れた」という、ただ一点のみなのですが、これがいかに大事なことかわかります。返済記録はそのまま、借りた人の信用に繋がるため、決して返済事故を起こしてはいけないのです。こういったことで延滞事故を起こしてしまうと、住宅ローンなども組めなくなるので、自分が思っている以上にこういった情報は大切なのだということを自覚し、返済に関しては石橋を叩きすぎるぐらい叩いて渡るぐらいの気持ちで利用していきましょう。

 

この事故記録は、いつまでも残るものではなく、債務整理などをした場合でも5年間で情報は消えます。しかしその間はお金を借りることはできませんし、他のローンなどにも影響するので、気をつけておきましょう。事故情報に関しては借入側に連絡をして相談すると事故とならないケースもあるので、対応をきちんとするようにしてください。

 

  • ブラックリストというリスト自体は存在しない!
  • 延滞事故はそのままブラックリストとなる!
  • キャッシングだけでなく、携帯電話や奨学金の延滞も事故情報になる!

 

まとめ

ブラックリストという名のリスト自体は存在していませんが、事故情報に記録されると新たな借入は不可能となります。しかし、上記でご紹介した信用情報機関の中で1つに事故情報が登録されていたとしても、新たに借りようとしている会社がその他2つのどちらかの信用情報機関を使っていれば借入時の審査において問題にはなりませんので、審査をお願いするカード会社がどの信用情報機関を使っているのかを確認するようにしておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日