利用限度額はこうして決まる!

限度額が設定されることを嫌に思う人もいるかもしれませんが、限度額の設定はとても大切です。自分が返済できる額を設定して、安全なキャッシングをしましょう。返済計画をきちんと立てて借りれば、失敗することも少なくなるでしょう。

 

利用限度額ってどうやって決まるのでしょうか?今からその方法を説明しますので、理解した上でキャッシングを行うようにしましょう。

 

まずは原則として、

  • 年収の3分の1が法律で決められた上限である。
  • 年収の3分の1の範囲内で個人の信用情報から金融機関が判断する。

ということがあります。

 

年収の3分の1は前年の収入から計算されるので、収入証明書の提出が必要になります。クレジットカード会社などが共通で利用している信用情報機関に個人のデータが紹介された上で、借入限度額を金融機関が決めることになりますが、各金融機関の利用限度額の合計が年収の3分の1を超えないように合計を計算した上で決定されます。

 

利用限度額設定はこのような形で行われますが、あくまでもこの金額は最大金額になりますので、もしこれまでに返済の延滞記録があったり、始めて利用する人の場合はもう少し限度額は低くなることを覚えておいてください。

 

利用限度額を設定することにメリットはあるの?

利用限度額の決まり方は上記の通りになります。次に、メリットを説明していきたいと思います。まず、最高限度額の年収の3分の1を借入した場合、返済などはどうなっていくでしょうか?

 

例えば年収300万円の人の場合、3分の一となると100万円になります。年収300万円とはいっても、税金などが引かれるので、
手取りは250万円前後になると思います。その中かから100万円返すとなるとかなり厳しくなると思います。もちろん借入金には18%前後の利息がついてくるので、その分も加算されて返済はどんどん厳しくなってくると思います。そんな状態に陥ることのないように、利用限度額が設定されているのです。

 

利用限度額の存在を邪魔に感じたり使いにくいと思う人もいるかと思いますが、利用限度額を設定されていないと、必要以上の金額の借り入れをしてしまったり、深く考えずにキャッシングを繰り返してしまったりするような人もいらっしゃいますので、利用者にとってもとてもありがたいシステムだと言えると思います。

 

まずは返済計画(毎月何円返済していくのか)をきちんと考えてから、自分で利用限度額の設定を行うようにしましょう。年収の10分の1くらいに設定すれば無理なく返済してけるとでしょう。

 

・利用限度額は最後の砦!
・どうして利用限度額があるのかきちんと理解しましょう!
・限度額ギリギリまで借入はやめましょう!

 

まとめ

利用限度額がどうしてあるのか、設定されることのメリットは何があるのか理解できましたか?嫌に思われている人が多い利用限度額設定ですが、本当は利用者のことを考えられたとてもありがたい仕組みなので、自分でも積極的に考えて限度額を決めていくようにしていきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日